加害者になってしまった時の最善策 - 女は三十路すぎたらお教室に通うべし

アドセンス

加害者になってしまった時の最善策

Pocket

もしも自分が刑事事件の加害者になってしまったら、事実を整理して状況に応じた対応をすることが大事です。
例えば、自動車事故の場合は負傷者の救護が最優先ですし、これを行うかどうかで執行猶予がつくか否かが大きく変わります。
また、警察には事実だけを正確に伝えることが重要です。
加害者になってしまった時点で罪は避けられませんから、罪を重くしない行動を心掛けることです。
心から反省しているという事を弁護士に伝えましょう。
目撃者がいない、自分の行動を立証出来る証拠が無いなど不利な条件が多いなら、迷わず私選弁護人に依頼すべきです。

執行猶予

2022年08月19日 |

カテゴリ: 弁護士


»
«

アドセンス